イベント・講習会 開催情報
最小化
講習会「Kids Athleticsによる運動プログラム実践と指導法について」
日時:2017年11月16日(木)18:15~20: 45

場所:立教大学池袋キャンパス ポールラッシュアスレティックセンターアリーナ・4階講義室

講師:小林 敬和氏(中央学院大学教授)
井筒 紫乃氏(日本女子体育大学)
大島 めぐみ氏(元オリンピック選手)
川上 優子氏(元オリンピック選手)

内容:国際陸上競技連盟が提唱しているKids Athleticsのプログラムにおける児童期の運動指導の方法について研修する。元オリンピック選手2名と協会主催者からKids  Athleticsの実践紹介をしていただき、走る、投げる、跳ぶことによる身体運動の基礎的な動作を行いながら楽しく運動する方法を習得する。

スケジュール:
18:00~ 受付
18:15~19:00 実技:スキップの効果的指導法とランニングへの応用(大島めぐみ、小林敬和)
19:00~19:45 実技:ヘルシーキッズ鬼ごっこの指導法(川上優子、小林敬和)
19:45~20:45 講義:「子供の運動有能感はいつ育つか?」(井筒紫乃)

対象:本学学生、教職員、一般

定員:50名(先着順)

申込方法:emailで numazawa@rikkyo.ac.jp 宛にお申込みください。
件名を「KA応募」と明記し、氏名、所属(本学学生は学生番号も)、連絡先をお知らせください。

主催:立教大学ウエルネス研究所、Kids Athletics Japan(共同主催)

問合せ先:沼澤 秀雄(立教大学コミュニティ福祉学部教授、ウエルネス研究所所員)
03-3985-7356

 

公開シンポジウム「日本の約束」—秘められた歴史から、今、日本の在り方を問い直す—

日時:2017年12月10日(日)14:00~17:00

場所:池袋キャンパス 11号館地下1階 AB01教室

内容:日本人は何処からきて、何処に向かおうとしているのか。急速に世界がグローバル化しつつある中、移民問題、テロ問題、貧困問題、経済格差問題、地球環境問題など多難な課題が山積する現代社会にあって、日本の役割、日本人の役割とは何なのか。古代遺跡が示す日本人のルーツなども辿りながら、八百万の神を受け入れ、アニミズム的な自然観を有する日本人の感性について考えてみたい。同時に「おかげさま」「お互いさま」「助け合う」「足るを知る」「自然を大切にする」など、昔から日本人の心に根付いてきた調和の心についても考え、ひいては、この混迷する世界にあって、日本人の果たすべき役割について考察してみたい。

講師:矢作 直樹 氏(東京大学名誉教授)
長堀 優 氏(育生会横浜病院院長)

対象:本学学生、教職員、校友、一般

申込:事前申し込み 不要
参加費 無料

主催:立教大学ウエルネス研究所

お問い合わせ:濁川 孝志(立教大学コミュニティ福祉学部教授、ウエルネス研究所所員)
Email:nigo@rikkyo.ac.jp

 
ウエルネス研究所のご案内
最小化
各人がもつ潜在的な能力を可能な限り引き出すことをめざした総合的な健康観、“ウエルネス”の向上にかかわる共同研究ならびにセミナー・シンポジウム・公開講座などの企画・運営を行います。